小型自動舌側装置による部分的な矯正 Yahoo知恵袋

オールアバウトプロファイル

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら

  • 無料カウンセリング
  • 無料写メール相談

トップ > 顎関節症・顎の音・顎の痛みQA

顎関節症・顎の音・顎の痛みQAに関する質問と回答(原因、治療法、費用、失敗など)

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、 顎の関節に発生する、開口時の痛み、関節の雑音、口が開かない等を特徴とする症候群。悪い噛み合わせ(不正咬合)は咀嚼障害、 顎の偏位による顎関節症などの病因となるものです。

したがって、当院は、歯の形や色の審美性を重視すると同時に、 悪い噛み合わせ(不正咬合)から生じる顎の関節の問題(顎関節症)、下顎の偏位(ズレ)などの診断および矯正治療にも力を入れています。

Dr.KOYATAの相談室 矯正Q&A

顎関節症について

顎関節症の症状

顎の運動障害、顎関節痛、関節雑音
これらが単独、ないし複数同時に発現する。痛みは顎を動かす時に生じる。

顎関節の構造と動き

顎関節は両耳の前にある骨の窪みに、下顎から伸びる突起がはまり込むような構造になっている。
この骨の窪みと下顎の突起の間には、関節円盤という骨同士が直接こすり合わないようにクッションの役目をする組織があり、 顎の運動と連動しスムーズな動きを助けている。

顎関節症のタイプ

T型:顎を動かす筋肉の障害が主。強い筋肉の痛みと運動障害を生じる。

U型:関節周りの組織の病的変化が主。運動時の痛み、圧痛、関節雑音を生じる。

V型a:関節円盤の異常。元の位置に戻る時にパチンという雑音が生じる。

V型b:関節円盤が上手く動かない。口が開かない、関節の痛みが生じる。

W型:関節の変形があるもの。ゴリゴリという雑音が顕著に現れる。

D型:上記に該当しないもの。

顎関節症の原因

1.咀嚼筋障害 : :ストレス、自律神経障害、筋の疲労、下顎の偏位、咬合因子(咬頭 干渉 , 咬合の不安定)、口腔習癖(ブラキシズム、舌癖)鼻疾患、異常 な姿勢など

2.関節障害  :外傷、不正咬合(咬合異常)等による関節への異常な負荷、不正な姿勢、 顎骨及び関節頭の劣成長、老化など

3.心因性障害:精神的ストレス、性格特性など

顎関節症の検査

問診、視診(姿勢、顔貌、噛み合わせなどを診る)、触診(筋肉や関節の異常を調べる)、開口量(口がどの位開くか、前方や左右にも動くか)、画像診断(レントゲンまたはMRIなどの検査)、顎運動の記録 (Recording),  咬合分析を行う。

顎関節症の治療

スプリント療法:スプリントという歯を覆う装置をはめ、これにより関節や筋肉の負担や緊張を緩和する。

噛み合わせの治療:噛み合わせの異常がある場合、いわゆる咬合治療を行う。

薬物療法:薬で炎症を鎮めたり、その他症状に応じた投薬により改善を図る。

外科療法:外科的に関節内の異常を治療する。

Q.顎関節症は歯列矯正で治りますか?
歯並びが悪く、先日、口が開けにくくなったので、病院へ行ったら顎関節症といわれました。歯列矯正の治療で顎関節症も治るのですか?

A. 悪い噛み合わせが原因であれば、歯列矯正治療によってこれらの症状を軽減することは可能です。
顎の雑音、口が開けにくい、顎の痛みがいわゆる顎関節症の症状ですが、悪い噛み合わせは顎の関節にストレスを与えやすく顎関節症の原因になるといわれています。
悪い噛み合わせが原因であれば、歯列矯正治療によってこれらの症状を軽減することは可能です。 但し神経性の歯ぎしり(ブラキシズム)の場合は原因の特定が難しいといわれています。 いずれにしても、悪い歯並びを治すことは顎の関節へのストレスを軽減し、顎関節症の悪化を防ぐ可能性があります。

Q.顎関節症になってから顔(頬骨辺りの骨)が大きくなった気がします。
顎関節症になってから顎がなります。顎が鳴ると顔(頬骨辺りの骨)が大きくなった気がします。
顎が鳴ると顔も大きくなるのですか?

A. 咬み合わせを治すことによって、顎が楽になります。
顎関節症の場合は、顎の関節の左右的偏位がありますが、顎関節が外側にズレますと 顎関節が外側に突き出るかたちになりますので、顔(頬骨辺りの骨)が大きくなった気が するのではないかと考えますが、顔が大きくなる様な外形的変化は基本的には無いと 思われます。

Q.顎関節症でも部分矯正は可能でしょうか。受け口です。
受け口で悩んでいる学生です。状態としては、ちゃんと噛み合わせたときに前歯2本とその両脇の歯2本、計4本の歯がすっぽり内側に入ってしまっている状態です。気になるぐらい顎がでているわけではないので、下の歯の矯正は希望していません。上の歯の部分矯正で受け口を直すことを希望しています。ただ、口を大きく開けるとガクガクと音がし、まっすぐに口を開くことができません(昔からです)。痛みなどは今のところないのですが、顎関節症(?)な気がします。このようなことがあるのですが、部分矯正はできるのでしょうか?

A. 咬み合わせを治すことによって、顎が楽になります。
上の前歯を広げる(拡大)することによって受け口を治せるのであれば、前歯だけの部分矯正で治せる可能性はあります。受け口の状態が、顎の関節にストレスを与えているのであれば、咬み合わせを治すことによって、顎が楽になります。したがって、顎関節症(?)でも部分矯正をうけることはできますし、この様な症状を治す為にも、矯正治療は受けた方がよいでしょう。


Q.顔のゆがみは、歯のせいですか? 矯正で治せますか?
顔のゆがみって歯列矯正で治せるのですか?

A. 顔のゆがみの主な原因として、歯並びの悪さがあります。
本来人間の体というのは、シンメトリック(左右対照)にできています。
このゆがみとは、全身的および顔面頭蓋の左右的な形態的、機能的な非対称性を示しています。
顔のゆがみには頭の骨と表情筋が関係します。

顔のゆがみの主な原因として、歯並びの悪さがあります。
歯並びが悪いと、顎の位置が正常な位置からずれて変位し易くなり、顎の関節の動きにズレが生じ易くなります。
顎のズレが生じると、重い頭の重心を体の中心に保つために、首を曲げるようになり、更に背骨を湾曲させて、体の左右的バランスを取ろうとします。

歯の問題は、けっして歯だけにとどまりません。顔がゆがむだけでなく、体のゆがみにもつながり、全身の健康状態にまで影響してくるのです。こういうゆがみは、カイロプラクティックや整体では、一時的に治っても、またもとに戻ってしまいます。もともとの原因、つまり歯の噛み合わせや噛みぐせを治すことが重要なのです。

噛み合わせや噛みぐせが悪く、適正に筋肉が使われていないと、片方の筋肉が硬直し、血管や神経が圧迫されます。それによって肩や首のこり、偏頭痛、目の疲れなどの不定愁訴が出てくるのです。したがって、顔のゆがみは、歯だけが原因とは言えませんが、重要な原因と考えられています。

顎関節症・顎の音・顎の痛みに関する質問集  Q&A

質問サイト回答集

※Yahoo知恵袋、オールアバウトプロでの回答集です。
クリックすると、別のサイト(Yahoo知恵袋、オールアバウトプロ)のページが開きますのでご注意ください。

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら

  • 無料カウンセリング
  • 無料写メール相談

.