小型自動舌側装置による部分的な矯正

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら

  • 無料カウンセリング
  • 無料写メール相談

トップ > 矯正歯科 治療例 >出っ歯・上顎前突

出っ歯・上顎前突の治療例

上顎前突(出っ歯)は、上の前歯が、前に出ている噛み合わせのことをいいます。

上顎前突(出っ歯)は、歯の傾斜によって上顎前突になっている症例と、上顎全体が下あごに比べて大きく口元に突出感がみられる症例があります。
下記の写真のように、様々な上顎前突(出っ歯)のケースがありますが、全て、歯の裏側から矯正する舌側矯正で治療可能です。

出っ歯の矯正例 出っ歯の矯正例

出っ歯の原因としては、日本人の骨格的な特徴や家庭的な遺伝もありますが、成長期に鼻やのどなどの病気で正しい鼻呼吸がで きず、 口呼吸を長く続けていたためになることもあります。 また、指しゃぶりや舌へき(舌を突き出して飲み込むくせ)なども原因のひとつと考えられています。

また、噛み合わせが悪いために生じるストレスが、顎の関節に影響して、口を開いたときに、痛みや音が発生することがあり ます。これは一般的に顎関節症といわれますが、肩こりや頭痛の原因にもなります。最近、この症状を訴える若い人が大変多くなってきましたが、その原因の多くが悪い噛み合わせにあることがわかってきました。

出っ歯は美容上の問題だけでなく、治療しないでおくと、唇が閉じにくく、歯肉が乾燥して湿り気がないために、歯周病の原因になることもあります。

出っ歯(上顎前突)の治療法

出っ歯(上顎前突)の治療法は、矯正治療のみで大部分の症例が治ります。

出っ歯(上顎前突)の治療の前後

上顎が大きい(過成長)とき、成長期の子どもなら顎の成長を抑えることもできますが、大人の場合には、歯の移動によって、 歯の周囲の骨(歯槽骨)の形の変化を促します。
歯だけでなく、歯ぐきも出ている場合には、歯の根も十分内側(舌側)に移動させなければなりません。
一般に、上顎の奥の小臼歯を抜いて移動のスペースを確保します。
また、上顎が 「 矯正 」の範囲を超えて大きいときには、外科的にサイズを小さくする手術を行いますが、ほとんどの上顎前突(出っ歯)の症例は矯正で治療できます。

出っ歯の場合には、意識が前歯だけに集中してがちですが、じつはその多くは、奥歯の噛み合わせも前にずれています。したがって、出っ歯の < 矯正 > は、前歯だけでなく、 奥歯の噛み合わせをきちんとよく噛めるようにすることが歯科治療の最終ゴールとなります。 

上顎前突の治療方法特徴、メリット
部分矯正(前歯だけ)上下全体の費用の1/3程で矯正可能
上顎だけの矯正部分矯正では治せない範囲が可能
上下の全体の矯正奥歯も含めた理想的な噛み合わせが可能
コルチコトミーコルチコトミーを歯列矯正に加えることで、歯列矯正の治療期間の大幅な短縮が可能
セラミックの差し歯
(オールセラミッククラウン法)
前歯の形と歯の色を同時に治せます (歯ぐきは引っ込みません)

出っ歯(上顎前突)の治療例

1.出っ歯の歯列矯正後の横顔の変化

出っ歯(上顎前突)の場合は、口唇を意識的に閉じようとするため、口唇の周囲の筋肉(表情筋)が緊張しやすくなります。 そのために、強い口輪筋の緊張があり、あごの部分に梅干し上のしわができてしまいます。矯正で出っ歯を改善することで、口輪筋の緊張がなくなり自然でバランスのとれた表情になります。

出っ歯の治療 唇のしわの解消

2.出っ歯(上顎前突)の部分矯正 症例

20代の女性の方の症例です。前歯の出っ歯でお悩みでした。
上顎のみ前歯に矯正装置を付ける部分矯正を行いました( 部分矯正は、治療期間が一年以内・費用も全体矯正より安くなります) 
治療開始5ヶ月で、不揃いだった前歯がきれいに並んできました。その後、出っ歯も引っ込み、きれいな歯並びとなりました。

3.出っ歯(上顎前突)の全体矯正 症例

10代の女性の方の症例です。上顎の前歯の前突(出っ歯)でお悩みでした。
上下顎の全体矯正で治療を行いました。上顎の第1小臼歯を抜歯し、スペースを作りました。
19ヶ月で矯正装置をはずしましたが、飛び出ていた前歯がきれいに並びました。
症例

4.出っ歯(上顎前突) + 叢生 の全体矯正 症例

20代の女性の方の症例です。上顎の前歯の前突(出っ歯)、それと叢生でお悩みの患者様です。
上下顎の全体矯正で治療を行い、上顎の第1小臼歯、下顎の第2小臼歯抜歯をそれぞれ抜歯して、歯の動くスペースを作りました。
このように、出っ歯だけでなく+叢生といったケースもございますが、どのような症例でも裏側矯正で対応可能です。(表側矯正で治せる症例は、基本的に裏側矯正でも治療できます)
このケースでは、25ヶ月で矯正装置を外しました。
症例

5.上下顎前突の全体矯正 症例

20代の女性の方の症例です。上顎と下顎のどちらも前歯が前突しているのがお悩みでした。
上下第一小臼歯抜歯を抜歯した全体矯正で、治療しました。
このケースでは、上顎は裏側矯正、普段目立たない下顎は表側のセラミック矯正で治療しました。
22ヶ月で矯正装置を外しましたが、横から見ると前突していた口元がだいぶ変化しました。
症例

6.出っ歯の部分矯正(上下の部分矯正)

上顎前突(出っ歯)を部分矯正で治療しました。上下の裏側からの舌側矯正です。前歯数本と奥歯に装置をつけて矯正しました。

7.出っ歯の部分矯正(上顎の矯正)

上顎前突(出っ歯)を部分矯正で、上顎のみを矯正しました。裏側からの舌側矯正です。

8.出っ歯の矯正(上顎の矯正)

上顎前突(出っ歯)を裏側からの舌側矯正で治療しました。

9.出っ歯+叢生の表側の矯正(上顎の矯正)

上顎前突(出っ歯)をセラミックの矯正(表側の矯正)で治療した例です。 矯正装置・治療方針はきちんとしたカウンセリングを行い、患者様のご希望で決定いたします。

Dr.KOYATAの相談室 矯正Q&A

Dr.KOYATA

出っ歯について、インターネットで寄せられた相談にお答えしています。

出っ歯・上顎前突の質問集 (原因、治療法、費用など) ≫
舌側矯正、部分矯正、医療費控除など料金に関するQA ≫

歯列矯正・歯並びのお悩み、お気軽にお問合せください。

WEBからの相談・予約はこちら

  • 無料カウンセリング
  • 無料写メール相談

ページトップへ