HOME治療例過蓋咬合(かがい咬合)

予約フォームまたは、お電話でご連絡ください。

  • 無料相談予約
  • 写メール相談
  • 無料LINE@相談

過蓋咬合(かがい咬合)の治療例

噛み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えません。

噛み合わせが著しく深い状態を過蓋咬合(かがい咬合)といいます。
正常な噛み合わせでは、上の前歯が下の前歯の3分の1から4分の1を覆っていますが、過蓋咬合の噛み合わせでは、これよりも著しく深く覆う噛みあわせになっています。

過蓋咬合の矯正例 出っ歯の矯正例

過蓋咬合の治療法

舌側矯正の場合、歯の裏側と下の前歯にぶつかる事を前提に装置は作られています

舌側矯正の場合、歯の裏側と下の前歯にぶつかる事を前提に装置は作ら
れています 。

歯の裏側から矯正する過蓋咬合の場合、歯の裏側に装着した装置が、
下の前歯にぶつかって矯正治療できないのでは?とご質問を受けますが 舌側矯正の場合、歯の裏側と下の前歯にぶつかる事を前提に装置は作ら れています 。

過蓋咬合の中には、下の歯が全く見えないくらいに噛み合わせの深い症例があります。
舌側矯正ではこのような、前歯の噛み合わせが深い症例においては、 装置の機能として この深い咬み合わせの改善が非常に効果的に出来るため、 外側の矯正に比べて短期間で、良好な出っ歯の矯正が可能です。

過蓋咬合の治療例

1.過蓋咬合 + 上顎前突(出っ歯)

 舌側矯正で治療しました。

過蓋咬合 + 上顎前突の症例

過蓋咬合の治療例

1.過蓋咬合 + 上顎前突(出っ歯)

 舌側矯正で治療しました。

過蓋咬合 + 上顎前突の症例

予約フォームまたは、お電話でご連絡ください。

  • 無料相談予約
  • 写メール相談
  • 無料LINE@相談

矯正歯科の治療例