オールアバウトプロファイル

歯科矯正ネットクリニックレポート

歯科矯正ネットカウンセリングルーム

前歯の部分矯正専門サイト

日本舌側矯正歯科学会

Dr.KOYATA舌側矯正の講習会

HOME治療例

予約フォームまたは、お電話でご連絡ください。

  • 無料相談予約
  • 写メール相談
  • 無料LINE@相談

八重歯・叢生(そうせい)・乱杭歯の治療例

叢生は、狭い顎に歯が並びきることができず、歯が重なり合って生えている状態をいいます。

犬歯(八重歯)が飛び出していることが多く、歯が非常に大きかったり、顎が小さいためなどが原因として考えられます。
歯並びが悪い為、歯ブラシが届かず、虫歯や歯周病になりやすい傾向があります。

叢生の矯正例 叢生の矯正例 叢生の矯正例

健康で美しい歯は一生の財産です。
歯列矯正で、「噛む力」+機能美が実現します。

前歯の叢生、八重歯、乱杭歯 の治療法

前歯の叢生・八重歯・乱杭歯の治療には、3つの方法があります。

1. 歯を抜かないで拡大  2. 歯を小さくする   3. 歯を抜く

歯並びの状態によって、このいずれかを治療法として選択します。それほど、歯の混み具合がひどくなければ、多くの症例で 歯を小さくするだけ(1歯について1ミリ以内)歯並びを治すことができます。

セラミッククラウン(差し歯)で、八重歯、叢生、乱杭歯を、治療されたい方はこちらをご覧下さい。 ≫

叢生、八重歯、乱杭歯 の治療例

1.叢生・乱杭歯の部分矯正

部分矯正 で治療した患者様です。 患者様とのカウンセリングで、気になる上顎の前歯のみに装置をつけました。下顎は未矯正ですが、見た目は大きく変化しました。部分矯正は、治療期間は一年以内で終了します。

叢生・乱杭歯の部分矯正

2.叢生・乱杭歯の部分矯正

部分矯正 で治療した患者様です。上下顎の前歯に矯正装置をつけました。治療後は、上下ともにきれいな歯並びのラインとなりました。 

叢生・乱杭歯の部分矯正

3.叢生・乱杭歯の部分矯正

部分矯正 で治療した患者様です。治療前は、前歯2本が大きくねじれているのが、特に目立ってしまっていました。
このようなねじれももちろん裏側からの歯列矯正できれいに治療することができます。
上顎の前歯は裏側矯正、目立たない下顎の前歯は表からのセラミック矯正にしました。費用等の希望により、下顎は表側矯正にする方法もございますので、ご相談ください。

叢生・乱杭歯の部分矯正

4.八重歯・叢生・乱杭歯の部分矯正

部分矯正 で治療した患者様です。患者様の希望で、上顎の前歯のみに装置をつけ矯正いたしました。大きく目立っていた八重歯や、奥に引っ込んでいた歯並びが気にならないようになりました。

叢生・乱杭歯の部分矯正

5.八重歯・叢生・乱杭歯の全体矯正

20代の女性の患者様です。裏側からの全体矯正 で治療しました。歯の移動するスペース確保のため、上顎の第1小臼歯と下顎の第2小臼歯を抜歯しました。治療期間は19ヶ月間ですが、見違えるようなきれいな歯並びになりました。

叢生・乱杭歯の部分矯正

6.叢生・乱杭歯の全体矯正

20代の男性の患者様です。裏側からの全体矯正 で治療しました。上顎と下顎の小臼歯を抜歯して、歯を移動させています。歯の移動には、症例に応じて抜歯する場合と、削って小さくする場合があります。
不揃いだった歯並びがすっきりし、また、上下顎前歯の突出感もなくなりました。治療期間は23ヶ月間です。

叢生・乱杭歯の部分矯正

7.叢生・乱杭歯の部分矯正

部分矯正 で治療した患者様です。症例や患者様の希望によっては、全体矯正ではなく、部分矯正 だけで治療が完了する症例もあります。

  • 治療前の状態
  • 治療中
  • 治療後

8.八重歯・乱杭歯の矯正 抜歯について

全体に乱杭歯の状態で、上の両側の犬歯が歯列から飛び出す八重歯となっていました。

  • 治療前の状態
  • 治療後

抜歯について
歯と顎の大きさの不調和が大きいときには、 矯正で歯を移動するスペースを確保するために、抜歯して歯の数を減らすことが必要となります。
ただし、この患者様のように犬歯の八重歯であっても、犬歯そのものを抜くことはしません。 そのすぐ奥にある小臼歯上下・左右の計四本を間引きします。 これは、歯根が長くて噛み合わせのためにも重要な犬歯を残しておくためと、口もとが貧相になってしますことを避けるためです。 小臼歯を抜いてしまうのは、治療する歯に近く、笑ったときも比較的見えない位置にあるという理由からです。

治療の経緯

9.叢生・乱杭歯の矯正

前歯が奥にへこんでいるんのを、舌側矯正(裏側矯正)で治療した例です。

  • 治療前の状態
  • 治療中
  • 治療後

10.叢生・乱杭歯の表側矯正

唇側矯正(表側矯正)の、セラミック矯正で治療した例です。

  • 治療前の状態
  • 治療中
  • 治療後

予約フォームまたは、お電話でご連絡ください。

  • 無料相談予約
  • 写メール相談
  • 無料LINE@相談

ページトップへ

渋谷駅徒歩6分 表参道駅徒歩8分

青山審美会クリニック

八重歯・叢生(そうせい)・乱杭歯の治療例

叢生(そうせい)・乱杭歯の矯正前と矯正後

乱杭歯の矯正の治療前と治療後  乱杭歯の矯正の治療前と治療後

叢生(そうせい)・乱杭歯とは

叢生は、狭い顎に歯が並びきることができず、歯が重なり合って生えている状態をいいます。
犬歯(八重歯)が飛び出していることが多く、歯が非常に大きい場合もあります。歯並びが悪い為、歯ブラシが届かず、虫歯や歯周病になりやすい傾向があります。

叢生・乱杭歯は裏側矯正(舌側矯正)で治療することが可能です。

叢生(そうせい)・乱杭歯の症例

ケース1:乱杭歯の患者様を裏側からの舌側矯正で治療しました。

叢生・乱杭歯・八重歯の矯正の治療前と治療後 裏側矯正にて治療

ケース2:【部分矯正】部分矯正で治療された患者様です。部分矯正で気になる部分をきれいに整えることが出来ました。

叢生・乱杭歯・八重歯の矯正の治療前と治療後 裏側矯正にて治療

叢生・乱杭歯の原因って?

一番多い原因が、顎が小さいため歯が入りきらないというものです。逆に歯が大きすぎるというケースもあります。

叢生・乱杭歯の治療法

矯正治療で大部分の症例が治ります。
歯の混み具合がひどくなければ、歯を小さくするだけ(1歯について1ミリ以内)歯並びを治すことが多いですが、 歯と顎の大きさの不調和が大きいときには、矯正で歯を移動するスペースを確保するために、抜歯して歯の数を減らすことが必要となります。 その後、裏側矯正等で歯並びを改善します。

Dr.KOYATAの相談室 矯正Q&A

※オールアバウトのサイトへ飛びます

気になる症例から探す

  • オールアバウトプロファイル
  • 日本舌側矯正歯科学会
  • 歯科矯正ネットクリニックレポート
  • 歯科矯正ネットカウンセリングルーム
  • 前歯の部分矯正専門サイト
  • Dr.KOYATA舌側矯正の講習会

ページトップへ▲