HOME治療例すきっ歯・正中離開・空隙歯列

予約フォームまたは、お電話でご連絡ください。

  • 無料相談予約
  • 写メール相談
  • 無料LINE@相談

すきっ歯・空隙歯列・正中離開(くうげきしれつ、せいちゅうりかい、前歯の隙間)

歯と歯の間に隙間(すき間)が開いている状態です。

歯と歯の間に隙間(すき間)が開いている状態をいいます。 特に息が常に抜けるような状態は、聞きとりにくい不明瞭な発音になります。
虫歯や歯周病の原因にもなりますから、なるべく早く治すほうがよいでしょう。

すきっ歯・空隙歯列・正中離開の矯正例

前歯の隙間を埋めるだけで、全く違った印象になります。歯列矯正のみで、全体的なすき間を閉じることが可能です。 

すきっ歯・空隙歯列・正中離開の矯正例

歯列矯正のみで、全体的なすき間を閉じることが可能です。 
歯の裏側からの矯正<舌側矯正>で上下全体に矯正装置を取り付けます。
患者さんの希望や状態によっては部分矯正ですき間を閉じることも可能です。

すきっ歯・空隙歯列・正中離開の矯正例

すきっ歯・空隙歯列・正中離開の治療例

1.空隙歯列+上顎前突

全体に歯が小粒なうえに、前歯が出っ歯気味で、とくに歯と歯の間の隙間が気になります。この患者様は、歯列矯正によって歯の隙間を閉じました。

※歯列矯正以外の方法として、極端に歯のサイズが小さい時は、差し歯(オールセラミッククラウン)ラミネートベニア法を用いて、 歯を普通の大きさにする場合もあります。このように歯列矯正 と補綴(差し歯)の両方の組み合わせを用いることで、理想的な治療が実現します。空隙(スペース)が前歯に限定している場合は、前歯だけの部分矯正で空隙を閉じることは可能です。

また、空隙が状態によってっは、マウスピース矯正 も可能な症例もあります。

2.空隙歯列・すきっ歯 の部分矯正 クリッピーLの症例

舌側矯正装置小型クリッピーLを使った、上顎の部分矯正です。(下顎は患者様の希望で未治療です)
1年以内に装置は外れ、その後はご自分で取り外し可能ないリテーナを装着してもらいました。

予約フォームまたは、お電話でご連絡ください。

  • 無料相談予約
  • 写メール相談
  • 無料LINE@相談

矯正歯科の治療例