オールアバウトプロファイル

歯科矯正ネットクリニックレポート

歯科矯正ネットカウンセリングルーム

前歯の部分矯正専門サイト

日本舌側矯正歯科学会

Dr.KOYATA舌側矯正の講習会

HOME矯正 Q&A開咬・オープンバイトQA

予約フォームまたは、お電話でご連絡ください。

  • 無料相談予約
  • 写メール相談
  • 無料LINE@相談

開咬・オープンバイトに関する質問と回答(原因、治療法、費用、失敗など)

Dr.KOYATAの相談室 矯正Q&A

Q.出っ歯と咬み合せを治すには 矯正質問出っ歯と噛み合わせが気になっています。
費用や方法について、どういう選択肢がとれるかお聞きしたいです。

A. 開咬の症例では、抜歯する可能性は高いと思います 添付された写真だけで判断するのは難しいですが、開咬(オープンバイト) の様に見えます。
いわゆる開咬の症例では、抜歯する可能性は高いと思います。 特に骨格的な原因で開咬になっている場合は、骨格的な上下顎のズレを修復する ために、抜歯の可能性は高くなり、抜歯症例では、歯を動かす期間は2年程になります。
ただし比較的骨格的な問題のない症例については、抜歯の代わりに歯のサイズを 小さくしてスペースを作る等の方法により、歯を抜かずに治療出来る症例もあります。 歯を抜かない場合は歯を動かす期間は1〜1.5年程になります。
顎関節の状態を改善することも含め、上下の理想的な咬み合わせを作る場合には、 上下全体の矯正が必要になります。

Q.受け口と開咬で悩み・・・矯正だけでなおせる? 矯正質問受け口と開咬で悩んでいます。
歯並びも悪いです。
できれば手術をせず裏側矯正だけで治したいと思っています。写真を見た限り可能でしょうか?

A. 骨格性の開咬(オープンバイト)と思われます、上顎全体の矯正が必要 写真を見させて頂いた限りでは、いわゆる開咬(オープンバイト)と前歯乱ぐい歯(叢生)および反対咬合の傾向のある状態です。
あなたの場合は、骨格性の開咬(オープンバイト)と思われますので、理想的な咬みあわせを作るためには上下顎の糸切り歯の後ろの歯を2本ずつ抜いて、前歯を舌側に引っ込める必要があると思われます。
上下前歯全体を内側に引っ込める必要のある場合には、少なくとも上顎全体の矯正が必要になります。 歯を動かす治療期間は歯を抜いた場合は2年程になります。

Q.開咬(オープンバイト)&受け口、骨を削るなどの手術は怖く決心がつきません 矯正質問23歳女性です。ネットで受け口について検索していましたらこちらのサイトに来ました。診断よろしくお願いします。私は開咬(オープンバイト)&受け口です。人と会話をしていても視線が口元にあるのをとても苦痛に感じます。また横顔も顎がでてとても嫌です。顎の奥がカクカクと鳴ります。

容姿にとても引け目がありますが骨を削るなどの手術は怖く決心がつきません。できれば矯正で治せるなら…と思っています。
1)治療期間 2)費用
も教えてほしいです。見ずらいと思いますが回答していただけたら幸いです。

A. 下顎はサイズが大きい様です。 写真だけでは、正確に判断することは難しいですが、下顎はサイズが大きい様です。
したがって、矯正だけで、反対咬合および開咬(オープンバイト)を治すためには、 最小限、右側第一小臼歯(糸切り歯の後ろの歯)の抜歯が必要と思われます。
この場合、少なくとも下顎全体の矯正が必要で、下顎全体の矯正の基本料は50〜55万円+装置料8〜15万円となります。また、上下顎全体の場合は、矯正の基本料は90〜95万円+装置料15〜40万円となります。
またこれに検査料、調整料そして保定装置料など10万円程かかります。

期間は全体矯正では歯を動かす期間が歯を抜く場合は2年程です。また、保定期間は歯を動かした期間と同じだけかかります。

いずれにしても、しっかりとした検査・診断をした上で、ご本人の希望にそった治療方針を決定することになります


Q.開咬の矯正の治療法 開咬の噛んだときに前歯同士にすき間ができる状態です。
歯列矯正をして噛み合わせを治療すれば、開咬は治るのでしょうか?
また、噛むときや口をあけると顎の関節に違和感があることが時々ありますが、これは開咬と関係があるのでしょうか。
治療方法等について教えてください。

A. 開咬の症例の多くは歯列矯正治療で治す事が出来ます。 ただし、上下の顎の位置、大きさ等の不調和が矯正治療の範囲を超えて大きい場合(真性の骨格性開咬)には外科手術が必要になります。
治療の術式は、矯正装置を上下の歯全体に付けることによって傾斜した奥歯全体を起こす(整直)など、咬合高径および咬合平面の調整、また抜歯も多くの症例で必要になります。
顎の関節に違和感があるとのことですが、開咬の咬み合わせでは奥歯だけが強く当たりやすく、奥歯に近い顎の関節に負担がかかり易くなります。したがって、開咬が原因である、いわゆる顎関節症の可能性もありますから、矯正歯科専門医に相談されては如何でしょうか。

Q.指しゃぶりの癖で開咬です。部分矯正で治せますか? 子供の頃の指しゃぶりで開咬(オープンバイト)になっています。開咬でも犬歯は噛み合っています。部分矯正で治すことは可能ですか。治療期間も知りたいです。

A. もちろん、舌側矯正(歯の裏側からの矯正)で矯正は可能です。 開咬には、機能的な開咬と骨格的な開咬があります。多くの開咬症例では、この2つの要因が重なりあっています。ただし、開咬の原因が、指しゃぶり等の悪習癖が主なもので、犬歯が噛み合っている状態であれば、前歯だけの部分矯正で治療可能かもしれません。
もちろん、舌側(裏側)矯正で治療することは出来ますし、部分矯正が可能なら、歯を動かす期間は1年以内で完了します。ただし、開咬の場合は、上下どちらにも装置をつける必要があると考えた方が良いでしょう。

Q.開咬をマウスピース矯正で治療することは可能ですか? 開咬(上下の前歯の隙間)に悩んでいて本格的に治療しようと思うのですが、マウスピース矯正は出来ますか? 発音が昔から上手くできず、特にタ行とサ行が上手に喋れません。治療をして噛み合わせが正されると、この症状も改善されるのでしょうか?

A. 自分の歯で治す歯列矯正が、長い目でみると最も理想的 マウスピース矯正で確実に治せるケースは、軽い症状に限られています。したがって、開咬の場合はマウスピース矯正で治すのは難しいと思われます。また、マウスピースを1日18〜20時間使用する必要があります。開咬を確実に治すためには、やはり固定式の装置を使用する必要があるでしょう。
前歯だけの部分矯正で治すことができれば、歯を動かす期間は1年以内に完了します。ただし、歯を小さく(0.5〜1.0mm)する必要がありますが、外から見えない舌側(裏側)矯正で矯正出来ます。また、短期間に完了するためには、部分矯正とマウスピース矯正の併用が有効です。開咬は舌の動きに影響を与えるために、発音しにくい音が出てきます。したがって開咬が治れば、発音も改善されると思います。

開咬・オープンバイトに関する質問集  Q&A

※Yahoo知恵袋、オールアバウトプロでの回答集です。
クリックすると、別のサイト(Yahoo知恵袋、オールアバウトプロ)のページが開きますのでご注意ください。

予約フォームまたは、お電話でご連絡ください。

  • 無料相談予約
  • 写メール相談
  • 無料LINE@相談

ページトップへ

渋谷駅徒歩6分 表参道駅徒歩8分

青山審美会クリニック

開咬・オープンバイトに関する質問と回答(原因、治療法、費用、失敗など)

Dr.KOYATAの相談室 矯正Q&A

Q.出っ歯と咬み合せを治すには

矯正質問出っ歯と噛み合わせが気になっています。
費用や方法について、どういう選択肢がとれるかお聞きしたいです。

A. 開咬の症例では、抜歯する可能性は高いと思います 添付された写真だけで判断するのは難しいですが、開咬(オープンバイト) の様に見えます。
いわゆる開咬の症例では、抜歯する可能性は高いと思います。 特に骨格的な原因で開咬になっている場合は、骨格的な上下顎のズレを修復する ために、抜歯の可能性は高くなり、抜歯症例では、歯を動かす期間は2年程になります。
ただし比較的骨格的な問題のない症例については、抜歯の代わりに歯のサイズを 小さくしてスペースを作る等の方法により、歯を抜かずに治療出来る症例もあります。 歯を抜かない場合は歯を動かす期間は1〜1.5年程になります。
顎関節の状態を改善することも含め、上下の理想的な咬み合わせを作る場合には、 上下全体の矯正が必要になります。

Q.受け口と開咬で悩み・・・矯正だけでなおせる?

矯正質問受け口と開咬で悩んでいます。
歯並びも悪いです。
できれば手術をせず裏側矯正だけで治したいと思っています。写真を見た限り可能でしょうか?

A. 骨格性の開咬(オープンバイト)と思われます、上顎全体の矯正が必要 写真を見させて頂いた限りでは、いわゆる開咬(オープンバイト)と前歯乱ぐい歯(叢生)および反対咬合の傾向のある状態です。
あなたの場合は、骨格性の開咬(オープンバイト)と思われますので、理想的な咬みあわせを作るためには上下顎の糸切り歯の後ろの歯を2本ずつ抜いて、前歯を舌側に引っ込める必要があると思われます。
上下前歯全体を内側に引っ込める必要のある場合には、少なくとも上顎全体の矯正が必要になります。 歯を動かす治療期間は歯を抜いた場合は2年程になります。

Q.開咬(オープンバイト)&受け口、骨を削るなどの手術は怖く決心がつきません

矯正質問23歳女性です。ネットで受け口について検索していましたらこちらのサイトに来ました。診断よろしくお願いします。私は開咬(オープンバイト)&受け口です。人と会話をしていても視線が口元にあるのをとても苦痛に感じます。また横顔も顎がでてとても嫌です。顎の奥がカクカクと鳴ります。

容姿にとても引け目がありますが骨を削るなどの手術は怖く決心がつきません。できれば矯正で治せるなら…と思っています。
1)治療期間 2)費用
も教えてほしいです。見ずらいと思いますが回答していただけたら幸いです。

A. 下顎はサイズが大きい様です。 写真だけでは、正確に判断することは難しいですが、下顎はサイズが大きい様です。
したがって、矯正だけで、反対咬合および開咬(オープンバイト)を治すためには、 最小限、右側第一小臼歯(糸切り歯の後ろの歯)の抜歯が必要と思われます。
この場合、少なくとも下顎全体の矯正が必要で、下顎全体の矯正の基本料は50〜55万円+装置料8〜15万円となります。また、上下顎全体の場合は、矯正の基本料は90〜95万円+装置料15〜40万円となります。
またこれに検査料、調整料そして保定装置料など10万円程かかります。

期間は全体矯正では歯を動かす期間が歯を抜く場合は2年程です。また、保定期間は歯を動かした期間と同じだけかかります。

いずれにしても、しっかりとした検査・診断をした上で、ご本人の希望にそった治療方針を決定することになります

Q.開咬の矯正の治療法

開咬の噛んだときに前歯同士にすき間ができる状態です。
歯列矯正をして噛み合わせを治療すれば、開咬は治るのでしょうか?
また、噛むときや口をあけると顎の関節に違和感があることが時々ありますが、これは開咬と関係があるのでしょうか。
治療方法等について教えてください。

A. 開咬の症例の多くは歯列矯正治療で治す事が出来ます。 ただし、上下の顎の位置、大きさ等の不調和が矯正治療の範囲を超えて大きい場合(真性の骨格性開咬)には外科手術が必要になります。
治療の術式は、矯正装置を上下の歯全体に付けることによって傾斜した奥歯全体を起こす(整直)など、咬合高径および咬合平面の調整、また抜歯も多くの症例で必要になります。
顎の関節に違和感があるとのことですが、開咬の咬み合わせでは奥歯だけが強く当たりやすく、奥歯に近い顎の関節に負担がかかり易くなります。したがって、開咬が原因である、いわゆる顎関節症の可能性もありますから、矯正歯科専門医に相談されては如何でしょうか。

Q.指しゃぶりの癖で開咬です。部分矯正で治せますか?

子供の頃の指しゃぶりで開咬(オープンバイト)になっています。開咬でも犬歯は噛み合っています。部分矯正で治すことは可能ですか。治療期間も知りたいです。

A. もちろん、舌側矯正(歯の裏側からの矯正)で矯正は可能です。 開咬には、機能的な開咬と骨格的な開咬があります。多くの開咬症例では、この2つの要因が重なりあっています。ただし、開咬の原因が、指しゃぶり等の悪習癖が主なもので、犬歯が噛み合っている状態であれば、前歯だけの部分矯正で治療可能かもしれません。
もちろん、舌側(裏側)矯正で治療することは出来ますし、部分矯正が可能なら、歯を動かす期間は1年以内で完了します。ただし、開咬の場合は、上下どちらにも装置をつける必要があると考えた方が良いでしょう。

Q.開咬をマウスピース矯正で治療することは可能ですか?

開咬(上下の前歯の隙間)に悩んでいて本格的に治療しようと思うのですが、マウスピース矯正は出来ますか? 発音が昔から上手くできず、特にタ行とサ行が上手に喋れません。治療をして噛み合わせが正されると、この症状も改善されるのでしょうか?

A. 自分の歯で治す歯列矯正が、長い目でみると最も理想的 マウスピース矯正で確実に治せるケースは、軽い症状に限られています。したがって、開咬の場合はマウスピース矯正で治すのは難しいと思われます。また、マウスピースを1日18〜20時間使用する必要があります。開咬を確実に治すためには、やはり固定式の装置を使用する必要があるでしょう。
前歯だけの部分矯正で治すことができれば、歯を動かす期間は1年以内に完了します。ただし、歯を小さく(0.5〜1.0mm)する必要がありますが、外から見えない舌側(裏側)矯正で矯正出来ます。また、短期間に完了するためには、部分矯正とマウスピース矯正の併用が有効です。開咬は舌の動きに影響を与えるために、発音しにくい音が出てきます。したがって開咬が治れば、発音も改善されると思います。

他のQAを探す

  • オールアバウトプロファイル
  • 日本舌側矯正歯科学会
  • 歯科矯正ネットクリニックレポート
  • 歯科矯正ネットカウンセリングルーム
  • 前歯の部分矯正専門サイト
  • Dr.KOYATA舌側矯正の講習会

ページトップへ▲